イラトピ!女優でシンガーソングライターのみやびさん

今回は、映画・舞台などを中心に活躍している女優のみやびさんにインタビュー!
“MIZUKI”としてシンガーソングライターもこなす、マルチに活動するみやびさん。
透明感があり真の通ったかっこいい女性!というイメージですが、なにやら富士そばマニアらしい…
そんなみやびさんのこれまでのエピソードや、気になるプライベート・美容方法など聞いてみました♪

WORKS

女優になろうと思ったきっかけを教えてください

実は女優になりたいというのは子どもの頃からの夢だったんです。

当時は「水曜ロードショー」とか「日曜洋画劇場」だとか、毎週ジャンルの違う映画が紹介されていて。
眠い目をこすりながら真剣に見入っていたのを覚えています。

「マイガール」や「スタンドバイミー」「レオン」で、同世代の子役さんたちの名演に猛烈にジェラシーを感じて、近所の公園でこっそりシーンを再現して演じたりしていました(笑)

中学生になり、初めて「女優になりたい」と母に打ち明けたんですが、半ば喰い気味で反対されて。

「女優さんは美人じゃないとなれないんだよ。あんたくらいのレベルじゃ無理。自惚れるな」

と一蹴されました。

「普通に進学して、普通に就職して、普通に結婚して」それが当時の母の願いだったんだと思います。だから尚更私の言動が理解できず心配だったんでしょうね。

それでも諦めきれなかった私は、こっそりオーディションに応募したりしてましたけど。

大学生の時には20通のプロフィールを持って東京に行き、各事務所さんにアポなしで配り歩いたこともありましたね。

結局バレてまた家族会議になり、心折れて諦めたんですが。

鹿児島県出身というみやびさんですが、上京するときの夢や決意、周りの状況や「今想うと…」等のエピソードがありましたら教えてください

27歳の終わりで仕事を辞め上京しました。

「普通に進学し、普通に就職し、普通に結婚」した私でしたが、どこか「ちゃんと自分の人生を生きている」感覚が得られなくて。

そんな時に、パートナーとの離婚を経験し、奇しくもそれが「私らしい生き方ってなんだろう?」と見つめ直すきっかけになったんです。

ネガティブ思考に襲われていた私は、「あの時こうだったら」「こっちの道を選んでいたら」と後悔ばかり。

ふと、うまくいかない原因を周りのせいにしてしまいそうな自分に気づきゾッとしました。
「自分で選んだ道なら誰のせいにもできない」そう気づいてから、一気に視界がひらけた感じがしましたね。

そんな時に出会ったのが宮本亜門さん演出の「金閣寺」という舞台。
主演の森田剛さんのお芝居が凄すぎて、終演後もしばらく席を立てないほどの感動でした。
それと同時に、眠っていた芝居心がメラメラ再燃して来て。

「一番やりたかったこと。最後までやらずに諦めていたこと。でも諦めきれていなかったこと。今度こそ納得いくまでやってみよう」と。

その翌月には退社。
現金7万円だけ握り締めて単身上京しました。
テレビも家具もない極貧生活。でも不思議と不安はなかったです。

今となっては笑い話ですが、上京の前日は妙な興奮状態で。
誰もいない深夜の港、目の前の桜島に向かって「うおぉおおーやるぞぉー!!!やったるぞー!おおおーーー!!!」っと決意の雄叫びを…
冷静に思い返すとかなりイタい人ですね(笑)

学生を卒業してからの経歴を教えてください

鹿児島国際大学児童学科卒業後、地元で一般の企業に経理事務として入社しました。
ルーテーンワークや企業内での慣例に馴染めなくて転職。以降ブライダル会社で衣装のコーディネーターとして勤務していました。

その後、27歳の終わりに上京。

上京したての頃はいくつかプロダクションの面接も受けましたが、演技経験ゼロの私にとって年齢というハンデは大きく、当然どこも断られました。

「とにかくまずは経歴を作ろう」と思い、フリーランスのまま映画監督のワークショップやオーディションを受けまくりました。

そうしていく内に小さなご縁が広がって行き、舞台に呼んでいただけたり、webCMや映画等のお仕事もご紹介いただけるようになりました。

初の主演映画「自由を手にするその日まで」(天野友二朗監督)※2017年2月公開  は半年以上の撮影期間を経て完成した意欲作。
ぜひこれから沢山の方に観ていただきたい作品です。

演技の面では、メソッド演技の講師、永妻晃さんとの出逢いも大きかったですね。

内的資源が俳優の演技を深くしてくれる。

そう知ってから、これまでの紆余曲折やコンプレックス、経験も、誇りに思えるようになりました。今でも「師匠」と仰いでご師事いただいています。

“アーティストMIZUKI”としても活動されていますが、音楽をはじめたきっかけを教えてください

音楽活動の方は、実はまだ一年ちょっとと歴が浅くて。

きっかけは、私のカラオケを聞いた知り合いの方が「意外と上手いじゃないか。よし、来月ライブしよう!」と誘ってくださったことでした。

最初は「いやいや…わたし素人なんで無理です」って感じだったんですが、「あ、そういえば学生の時に作ったオリジナル曲が何曲かあるんです」と言ったら、「それいいじゃん。何ならCDも作ろう!」とだんだん話が大きくなってしまって。

「お、CD作るんならミュージックビデオ作ってあげるよ?」といろんな方が協力してくださるので、だんだん私自身も本気スイッチが入ってきて。

自分の書いた詞、メロディーがプロの方々の手によって形になっていく過程は鳥肌が立つほど感動しましたね。

ライブもきっと拙い歌だったと思いますが、お客様と一体になれている感覚がとても幸せで。

「表現する」という意味では、歌もお芝居も同じなんだって。

それからは、女優 ’みやび’ と並行して ‘ アーティストMIZUKI ‘としての活動も続けています。

歌は正直まだまだこれからなんですが。

人生で「この歌(アーティスト)に影響を受けた!」と想う曲や人がいたら教えてください

ずばり、マイケルジャクソンですね!!
映画「THIS IS IT」を観て、「ナンジャコリャー」ってなりました。結局4回も観に行きました。
生涯通してエンターテイナーとして生きたマイケルの生き様が本当にかっこよくて、亡くなった後から急速にファンになりましたね。
私にとって神様のような存在です。

ちなみに、私の音楽にはあまりマイケルの影響はないかもです。とても和ティストな曲調が多いので。

BEAUTY

ヘアケア、スキンケア、ボディケアで気をつけている事、使用しているおすすめのアイテムがありましたら教えてください。

あまり高級化粧品とは馴染みはないですが、昔から乾燥肌なので保湿には気を使っています。

もう5年くらい使ってますが、「IAN PLAISIR」の「FRANKINCENSE」は保湿力が高くて長時間持続するので愛用しています。

なんとクレオパトラも使用したと言われる「奇跡のオイル(フランキンセンス)を配合」しているそうで。
肌内部に潤いを与え、肌表面を滑らかに整えてくれます。
化粧ノリもよくなりますよ。

スタイル維持のためにしていることはありますか?

もともと太りやすい体質で、高校生の頃からありとあらゆるダイエットを試してはリバウンドしてを繰り返していました。

30歳をすぎて、急に「頑張るのやーめた」ってなって。

それから、普通に炭水化物もお肉も食べるようになったんですが、すると今度は勝手に痩せてきて(笑)

今は特に食事制限はしてないです。
ストレスだったんですかね。

あ、豆乳は毎日コップ一杯飲むようにしてますけど、この習慣もダイエットの助けになるみたいですね。
女性ホルモンを整える効果があるみたいですよ。

運動は特にしてないです。
しなきゃとは思いつつ…。

これから楽しみたいオシャレはありますか?

最近、白にハマってて。

昔は、色物や柄物が好きだったんですが、最近白コーデに小物で差し色を足したりなシンプル目の感じが好きですね。

年齢的にも、シンプルが合う歳になってきたので。
今年はスカーフを効果的に使いたいですね。

生活の中で、何をしている時間が一番幸せを感じますか?

やっぱりお風呂に入ってる時と、寝ている時ですかね。

食欲よりも何よりも、睡眠欲が強めです。
寝不足だと若干性格が悪くなります(笑)

PRIVATE

休日はどんなことをして過ごすことが好きですか?

基本インドアなので、部屋を暗くして、DVDを観たり。
あとは、なんですかね…時間があるときはアクリル画を描いたりも。

女性の横顔が好きなのでよく絵のモチーフにします。

一人でカラオケに行ったり、大好きな富士そばを探求したり、ペットのカタツムリ(クリリンっていうんですけど)を観察したり。
ごくごく地味に過ごしてます(笑)

あ、たまに岩盤浴で台本読んだりしてます。

今まで行った旅行先でオススメの場所はどこですか?
旅先での過ごし方・楽しみ方などありましたらお聞きしたいです

先日「絶景探偵。」というドラマのロケで栃木に行ったんですが、ストーリーの中に食レポや絶景ポイントの紹介が織り交ぜられているという観光色のあるドラマだったので、いろんな名所や名物に触れることができて面白かったです。

中禅寺湖や明智平ロープーウェイ、日本で唯一美人証明がもらえる’厳島神社美人弁天’など、おもしろスポット満載でした。

ジャガイモ入りの焼きそばや 耳の形をした「耳うどん」など名物食も楽しめて観光にオススメです。

あと、私の地元鹿児島もぜひ!!

黒豚、地鶏、鹿児島ラーメン、焼酎に温泉。
まだの方、ぜひ一度は行ってみてくださいね。

人生の目標にしている人や、モットーなどの言葉はありますか?

オードリーヘップバーンが大好きで、あの美しさはきっと生き方の表れなんだなって。
「自分のコンプレックスも愛する」ことができるって女性として素敵だなって尊敬します。

あと、最近急激にリスペクトし出したのが「出川哲朗」さん。
あるバラエティー番組で思わず鼻水が出てしまって、「きったねー!!」とツッコミが飛ぶ中、出川さんは一言
「これ(鼻水)はリアクション芸人にとってダイヤモンドなんだよ!」と。なかなか言えないですよね。
自分の仕事に誇りを持っていないと出ない名言。
かっこいいなと思いました。

モットーというか、好きな言葉があるんですけど。「豚もおだてりゃ木に登る」って言葉ですね。

どれだけ分不相応と周りに言われようが、無理だって言われようが、結果登れちゃえば登ったもんの勝ち。
それもその人の才能だと思うんです。

自分の価値、可能性を決めるのは他でもない自分自身。 
だから私は私を諦めないし、誰もおだててくれないから自分で自分をおだてて「私はできる」ってひたすらマインドコントロールしてます。

これからの人生の夢や目標を教えてください

もっと多くの作品と出会って、私にしかできない表現を追求したいですね。
将来的には私のように脱サラして遅い年齢から俳優を目指す人たちを集めてプロダクションを作れたらいいな、みたいに淡く考えています。

そのためには所属者が生活とのバランスと取りつつ活動していけるような仕組みを作ることが前提ですよね。

芸能界の常識で言えば「手遅れ」と言われる年齢でも、これだけ味のある演技ができるんだ。
みたいなことを実証していけたらって思います。

その前に、自分がまだまだ発展途上なので、あれなんですが。
もっと頑張ります。

あと、金スマの「波乱万丈」に出たい(笑)
母が中居くんファンなので、いつか会わせてあげたいです。

「自分の幸せに敏感になることが、自分らしく生きるヒントになる」

これからも、周りに感謝しつつ、私らしく生きて行けたらと思います。

DATA

みやび (miyabi)
“女優みやび””アーティストMIZUKI”として映画・舞台・音楽とマルチに活躍している。

✨みやびのてげてげブログ
http://ameblo.jp/miyabi-mizuki0601

✨インスタグラム
https://www.instagram.com/miyabi.koumoto0601/

【最新情報】

✨天野友二朗監督映画 「自由を手にするその日まで」 主演
7月15〜17日 開催のカナザワ映画祭内で上映・舞台挨拶、みやびさんも登壇予定です!

✨MIZUKI 2ndシングル「hide-and-seek」 2017年7月10日販売開始!

https://mizuki0601.official.ec/

2017年05月22日 更新